ぺこの8キロダイエット方法と本名を暴露!実家は会社経営で超金持ちの実態は?

ぺこ トップ

 

最近とても勢いがあるりゅうちぇる&ぺこちゃんは、奇抜なファッションが印象的なカップルです。

 

そのファッションはザ・原宿系と言いますか、バービー人形のような衣装を身にまとい、お化粧も派手!

一時期の篠原ともえの再来?なんて個人的に思ってしまいます。

 

原宿のファッションのお店WEGOで店員だった二人ということで、その奇抜さも納得。

りゅうちぇるはオネェのような濃いキャラでとても目立っていますが、ぺこちゃんの方もなかなか面白い経歴をもっているようですよ。

 


sponsored link

 

 

ぺこちゃんのびっくりな経歴と意外な8キロダイエット法

 

ぺこちゃんは、現在ファッションモデル。

昔から青文字系雑誌が好きで、根幹にはその影響があるようですね。

スポットを浴びたいという意識が高かったようで、大阪在住だった高校生の時、NSCに入っていたようです。

 

7期の卒業生にぺこちゃんと生年月日が同じ「奥平哲子」という名前があったことから本名も判明。

意外と古風な名前なんですね。

 

ちなみにコンビ名は「さくらんぼ」という名前で活動していたみたいです。

そんなぺこちゃん、3月の終わりから5月に入るまでに8キロものダイエットに成功したとブログで明かしています。

 

ファッションやメイクに気がいって、太ってるという印象はなかったですけどね。

ダイエットすると熱が出てしまい、結局1週間も続くことがなかったという彼女が頑張れた方法はどんな方法なのでしょう。

夏に向けて参考にしたいところですよね。

 

食べるの大好き、とりわけご飯とお肉が好きと言う彼女が実践し、ブログで紹介していたことは6つ。

「19:00以降は何も食べない、炭水化物は食べない、毎日体重をはかって記録する、毎日食べたものをメモする、無理せずできる範囲で運動、毎晩必ず足マッサージ。」

これらはダイエットを志したことのない人でも聞いたことがあるようなメジャーなことばかりですね。

 

ご飯好きな彼女にとって炭水化物抜きはきつかったようですが、お肉のは普通に食べていたみたいです。

成功の秘訣として「無理しない、あせらない、ゆっくりとつづける」ことがいいといっています。

 

たしかにダイエットって生活習慣の改善ですから、地道に続けて体への負担やストレスをなるべく抑えることが結果を出す近道なんですね。

 

彼氏のりゅうちぇる「ほんとうに頑張り屋さんなぺこりん」「更に可愛さが増したよ~~」とツイッターでコメントしています。

 

好きな人にこうやって言ってもらいたいという気持ちも原動力になったのでしょうね。

目立ちたいという気持ちから芸人になり、現在では原宿のカリスマであり、ファッションモデル

さらに8キロものダイエットを成功させたりと、その行動力に感服です。

 

sponsored link

 

 

実家はハイパーお金持ち!エピソード留まる所なし!

 

まだまだ謎に包まれているぺこちゃんですが、2015年9月の「解決!ナイナイアンサー」で、実家がお金持ちだと判明しました。

 

何でも220坪の土地に10LDKの大大大豪邸。

1階は全体がガレージ、4台もの高級外車が置いてあるらしいです。

車種は分かりませんが、車って一台で家が買えるほどのモノもありますからね。

 

広い家には素敵な家具が置いてあるということですが、ペルシャ絨毯グランドピアノはそれぞれ500万円は下らないという話も・・・。

家にあるその他の調度品もきっと豪華なのでしょうね。

 

そしてファッション好きなぺこちゃんのお母さんらしく、おしゃれなカバンを沢山持っているんだとか。

話しでは、あのエルメスケリーバッグ30個以上

 

仕送り額は上限が無く、お願いすれば15万円を振込んでくれるという話もありました。

もはやお金持ちすぎて想像がしがたいですね。

私には「ちびまるこちゃん」はなわくんの家しか浮かんできません。笑

 

そんな大富豪のご実家、何をされているのかというと金属屋根の製造らしいです。

祖父が興した会社だそうで、そのお爺さまの銅像が家には置いてあるんですって。

 

なんだかとんでも無い話ですが、その環境が今のぺこちゃんの感性を作り上げているのだと思うと妙に納得してしまいますね。

 

彼氏のりゅうちぇるがイケメン素顔を披露!めっちゃ男前にビックリです。

りゅうちぇるのイケメン真顔を雑誌で披露!姉も美形でも年齢は大差!

 

 

 

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



sponsored link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る