オリラジ中田の弟FISHBOYの驚愕ダンス武勇伝!AKB48メンバーダンスに辛口!

FISHBOY トップ

 

オリラジのパーフェクトヒューム、突如として発表され怒涛の大ヒット!

ノリの良いリズムとキレキレのバックダンスが目を惹きますよね。

 

このバックダンサー「RADIOFISH」のメンバーにオリラジ中田敦彦の弟さんが一員として加わっています。

 

実はその弟さん、芸能界ではダンスセンスを活かして、振り付けやダンス指導にも精力的。

知らなかったって方もいらっしゃるのでは?

 

彼の素顔が気になるところですね。

 


sponsored link

 

 

オリラジ武勇伝の祖!?世界的ダンサーFISHBOY!

 

弟さんの名前は中田啓之(なかだ ひろゆき)、芸名はFISHBOYです。。

生まれは大阪ですが中学から大学までは青山学院大学で勉強されていたようです。

お兄さんも慶応大卒ですので、なんとまぁ頭脳明晰な御兄弟なんでしょうか。

 

ダンスを始めたのは中学生時期。

高校1年でポップダンスチーム「BLACK D.O.G.S」を結成。

ストリートダンス全国高校生大会“DANCEATTACK”優勝

大学時代、全国大学生大会“BIGBANG”で優勝。

2009年、パリで行われたストリートダンスの世界大会“Juste Debout”優勝

凄いダンス経歴ですよね。

まさしく武勇伝・武勇伝ですね。

 

1985年12月生まれですので、今年31歳になります。

お兄さんよりも体つきがしなやかで逞しい感じのイケメンです。

気になる芸名についてですが、この一風変わった名前は兄の中田敦彦が以前書いていた小説に登場するキャラクターの名前なんですって。

一体どんな小説なんだか内容が気になりますけど、ストーリーまではちょっと分かりませんでした。

 

ちなみにこのFISHBOYという名前を使用していること、お兄さんには許可をとっていないそうで、本人としてはちょっと借りているという感じなんですって。

 

武勇伝のネタでブレークしたオリエンタルラジオのお二人ですが、動きがとてもキレキレで面白いですよね。

マネをした世間の方も多いかも知れません。

あの動きはFISHBOYが練習していたダンスのステップが参考になっているんだとか。

初めてオリラジのネタを初めて見たとき、正統派な漫才かと思ったらまさかのリズムネタで、本人はとても驚いたようです。

 

オリラジ結成前、兄の敦彦が芸人を志した時に、相方として誘ったのが弟さんだったという逸話もあります。

自分のダンスの練習がネタになっているとはご本人もうれしい半面びっくりされたでしょうね。

 

中田家は高学歴でどちらかというとお堅い家庭だといいます。

お二人とも芸能関係のお仕事をするようになるとは不思議なものですね。

 

sponsored link

 

 

AKBにも容赦のない辛口評価!

 

FISHBOY、ダンスに関しては世界大会で優勝しているだけあって、とても厳しい方のようです。

 

テレビ番組「AKBIGO!」AKB48「AKBIGO! CUP ダンスロワイヤル」というコンテスト企画があった時のこと。

これはグループでダンスに関してのNO.1を決めるもので、FISHBOYが審査員を務めました。

さすがにダンスが一番上手い人物を決めるというだけあって、参加メンバーたちも実力者揃いでした。

 

トップバッターでパフォーマンスしたのは、全国大会の関東予選で優勝したこともある松岡はな(HKT48)さん。

FISHBOY、彼女のダンスについては「重低音を感じられる」とコメントし、良いダンスだったと評価しました。

しかし一方で、「気持ちの面でいうと残念。自分のダンススタイルのプレゼン会場ではない。トップバッターが勝つには圧倒的な気持ちを出さないと勝てないんです。……勝つ気持ちあった?」と辛辣な意見も。

 

悔しさをあらわにするメンバーに司会者が貰い泣きをする場面もありました。

 

また、ダンスパフォーマンスに長けているSKEについての評価も辛口でした。

SKEについては振り付けを間違えたり、全体のばらつきがでてしまったことが残念だと

いうFISHBOY。

「1人1人のダンスはすごいかもしれないが、SKE48全体としてみてちょっとガッカリかなと思います」とその評価はイマイチに終わってしまいました。

 

番組冒頭で「ダンスのプロとしてメンバーをみている」としていた彼ですので、厳しい目線になってしまったのは必然だったのでしょう。

他の審査員でもある、エグスプロ―ジョンさん、パパイヤ鈴木さんとも評価について熱い意見を交わし合う場面もありました。

 

ダンスにストイックなFISHBOYAKBメンバーは多大な影響を受けたことでしょう。

パフォーマーとして、さらにもう一つ上の段階へジャンプしたのではないでしょうか!?

 

 

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



sponsored link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る