近江友里恵アナの歩き方に釘付け!タモリとお似合いの身長と気になる年齢は?

近江友里恵 トップ

 

自他共に認める地図マニアのタモリさんの看板番組といえば「ブラタモリ」ですよね。

 

街の中をブラブラ散歩して、そこの歴史や人々の暮らしを紐解いていくゆるっとした、でもタメになるNHKの番組です。

この看板番組のアシスタントアナが今年の4月から近江友里恵(おうみゆりえ)に変わりました。

 

近江アナの前任は桑子真帆アナ。

彼女もブラタモリで人気がでたアナウンサーですが、近江アナも交代早々に人気急上昇しているようですね。

 


sponsored link

 

 

歩き方が可愛い!近江アナってどんな人?

 

近江アナの経歴をさくっとご紹介します。

生まれは東京で、女子校の名門である昭和女子大学付属で小学校から高校まで学びます。

そのままエスカレータ式で進学ではなく、早稲田大学政治経済学部へ学びの場を移します。

ここまで見ると頭のキレるお嬢様なんだろうなぁという印象ですよね。

 

もともとアナウンスに興味があったようで、高校では「NHK杯全国高校放送コンテスト」のアナウンス部門に挑戦しています。

通称Nコンといいますが、全国で2000校以上が参加する大きな大会です。

 

アナウンス部門の内容は、「自校の校内放送に使用するもの」で、「原稿を生徒が自作したもの」

1分10秒以上1分30秒以内という短い時間ですが、この中で彼女は見事に入賞したんです。

 

そして大学ではアナウンサー養成学校である「テレビ朝日アスク」で学びつつ、学内機関紙「早稲田ウィークリー」では読者モニター、さらにはテレビ朝日の「朝日ニュースター」でアシスタントを経験。

学生時代からアナウンサーを目指して一直線ですね!

このような下積み時代の話を知ると、彼女はとても頑張り屋さんなんだと言うことが分かります。

 

そして、社会人になったのは2012年。

NHK熊本、福岡放送局を経て、2016年度に東京アナウンス室へとやってきました。

東京に来て早々、「ブラタモリ」担当となったんですね。

「不安や緊張もありますが、日本各地をめぐって日本中のまだ知られていない面白いところ、すてきなところをたくさん見つけていきたい」と気持ちを語っていました。

そして放送一ヶ月で、なんと番組歴代最高の視聴率16%を記録することになります。

ブラタモリが高視聴率の裏側に隠された下ネタとは?再放送の曜日と時間は?

 

人気の高い番組ですが、その中で最近は近江アナ歩き方に注目が集まっています。

女子アナが歩くところはあまり見かけないですが、なんといってもブラタモリは散歩する番組ですからね。

タモリさんのあとをチョコチョコと付いて行く姿が本当に愛らしいんです。

彼女はしゃべり方も柔らかく優しい雰囲気なのですが、その人間性がにじみ出てるんでしょうね。

 

番組の雰囲気ともあっているし、ブラタモリへの抜擢が見事にはまっています。

お父さんと娘みたいな雰囲気がでているのもまた見ている人たちを和ませる要因なのでしょうか。

 

sponsored link

 

 

年齢非公開だったけど、流行語大賞のあの人と同い年だった!

 

そんな可愛らしい彼女ですが身長は156センチとあまり大きくは無いんです。

タモリさんが161センチですから、身長差は5センチ。

ちょうどいいサイズの二人が並んで歩いていると思わず微笑んでしまいますよね。

 

近江アナ、顔もかわいらしく背も低いですが、年齢は一体いくつなのでしょうか。

実は年齢は非公開だったのですが、つい最近明らかになったのです。

福岡で放送された番組で「トリプルスリー」で流行語大賞を受賞したソフトバンクホークスの柳田選手同じ年だということを暴露していたんです。

柳田選手は1988年生まれですから今年28歳になります。

ということは近江アナもアラサーに仲間入りしてたのですね。

かわいらしい方なのでとてもそんな風には見えませんでした。

 

ブラタモリのアシスタントとしてはまだまだ始まったばかり。

今後もタモリさんと街を歩きながらほっこりとお茶の間を和ませてくれることでしょうね。

たくさんの可愛い姿を見せて欲しいと思います。

 

 

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



sponsored link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る