IMALUと共演NGの理由がさんまらしい!兄の二千翔の現在は?

IMALU トップ

 

芸能人の子供が“二世”としてテレビで活躍する機会が増えてきましたね。

両親が超有名人同士の二世タレントといえば、代表的なのがIMALUさんではないでしょうか。

ご存知の通り、明石家さんまさんと大竹しのぶさんの愛娘です。

その名前も面白く「いきてるだけでまるもうけ」ということからIMALUと名づけられたそう。

確かに、両親がビッグネームすぎてお金に困ることなんて無いんだろうと思います。笑

 


sponsored link

 

 

共演NGの本当の理由は?

 

IMALUさんのデビューは2009年でした。

雑誌『Zipper』でモデルデビューして世間の注目を集めることとなりました。

彼女は本当は音楽に携わる仕事がしたかったようですね。

『Zipper』でも音楽の連載を担当していたらしいのですが、それは一区画だけで、モデルとして割り当てられるページ数のほうが圧倒的に多かったのです。

 

それでも活躍の場を多方面に拡大し、モデル・女優・歌手として活動し始めました。

テレビに出る機会も非常に多かったですが、さんまさんと番組では共演することがなかったんです。

 

実はこれ、偶然ではなく父親であるさんまさんの方から「NG」が出ていたようです。

この話を聞くと「仲が良いのかな・・・」なんて心配になってしまいますが、杞憂でした。

さんまさん側のNGの理由が愛らしいんです!

「娘がしゃべってうけなかったらもう、嫌やんか」と父親として、また芸能人の先輩としての複雑な心境を話していました。

あと共演した際には「トークに駄目出ししてしまう」ということも理由の一つだといいます。

 

娘と一緒にテレビにでて気恥ずかしいというのももちろんあるでしょうが、親子という前にひとりのタレントとしてIMALUさんを見ているんですね。

IMALUさんがデビューするときに、人の2倍は努力しなさいと言い聞かせたというさんまさん。

 

今は出演番組も見ないそうですが、IMALUさんが失敗して落ち込んだときには「何で泣いてんねん、笑え、笑え」と大きな愛情で包み励ましてあげたそうです。

さんまさんのなかではまだタレントとしてはかけだしなのでしょうが、彼女が及第点に達したときにはぜひとも共演をしてほしいですね。

 

sponsored link

 

 

IMALUの兄ってどんな人?

 

さんまの子どもはIMALUさんが有名ですが、実はもう一人いるんです。

二千翔(にちか)さんというIMALUさんのお兄さんとなる方ですね。

もうひとりさんまさんにお子さんがいるなんて知らなかった方も多いでしょうね。

それもそのはず。

血のつながりはなく、大竹しのぶさん前夫、服部晴治さんとの間の息子さんなのです。

結婚生活を送っていたときも、区別はせずに子供ふたりにしっかり愛情を注いでいたそうです。

 

離婚した今となっても家族4人で会う機会がよくあるのだといいます。

二千翔さんは1985年生まれですので、今年31歳を迎えます。

現在はお友達と一緒に会社を興し、経営に精を出しているようですよ。

さんまさんは二千翔さんから会社が順調にいっているという報告を受け「月収30万円超えたよ」という話をされたそうです。

 

その時のさんまさんの反応は「社長やで(笑)やっとやで、やっと超えたんやって(笑)「初めて30万超えた」って。「え?俺、30の時、凄い稼いでたよ」って(笑)」と爆笑。

確かにさんまさんの稼ぐ金額には到底及ばないかもしれませんが・・・。

 

でも自分の力で会社を興して、経済活動をしているということが評価されるべきですね。

ちなみに二千翔さん、女性からはまったくもてないらしくIMALUさんや大竹しのぶさんからも相当言われているみたいです。

社長として事業を成功させて、自信が持てるようになったらきっともっと女性とお付き合いするチャンスが広がったりするでしょうね。

華やかな一家ですが、二千翔さんも負けないように一花咲かせてくれることでしょう。

 

 

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



sponsored link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る