芳根京子の彼氏はまさかの韓国国籍?難病克服し掴んだ連ドラヒロインの座!

芳根京子 トップ

 

NHKの朝ドラに抜擢される女優さんといえば、毎回話題となりとても注目が集まること必至ですよね。

『とと姉ちゃん』の次に放送されるのは既に話題となっている『べっぴんさん』。

1961年から始まった朝ドラも近作で95作品目になります。

こう見ると、とても歴史が長いですよね。

さて、高畑充希さんの次にNHK朝ドラの顔となる注目のヒロインは芳根京子さんです。

彼女はまだ19歳と若い女優さんですが、その実力に注目が集まっているようですね。

 


sponsored link

 

 

え!?噂の彼は韓国人?

 

彼女をブレークさせた作品は2015年に放送された『表参道高校合唱部!』というドラマです。

このドラマで初主演となったのですが、なんと彼女はこの主演の座をオーディションで勝ち取ります。

このオーディション参加者は10000人を越える規模でとんでもない倍率でした。

 

ストーリーは東京にある表参道高校という学校で廃部寸前だった元名門合唱部を、芳根京子さん演じる転校生・香川真琴が替えていくというもの。

アイドル・ドラマ評論家の北川昌弘さんは「彼女なしではこの作品は成立しなかったと思う」芳根京子さんのことを高評価しています。

 

とても透明感のあって魅力的な彼女、実はこのドラマで共演した相手と付き合っているという噂があるんです。

そのお相手とは志尊淳さん。

 

ちょっと読み方が難しいですが『しそん・じゅん』と読み、なんと本名らしいです。

ちょっと変わったお名前ですよね。

ちなみに二人はドラマだけでなく『先輩と彼女』という映画での共演もしています。

インタビューでの芳根京子さんが「本当に(志尊淳さんに)恋をした」と語っていたので、かなりいい感じなのでしょうね!

 

彼氏といわれている志尊淳さんは、ワタナベエンターテインメントの若手俳優集団「D-BOYS」のメンバーです。

相当なイケメンですが、実は志尊淳さんが韓国人なのではないかという噂がたっているようですね。

 

プロフィールを見る限りでは出身は東京都ですし、通っていた学校も都内の聖学院という中高一貫校でした。  

どうやら韓国人説は「志尊淳」という本名が難しいために立った噂のようです。

 

「シソンジュン」と名前の読み方を別で書かれることが多いため、この字面を見て「韓国人なの!?」と思う人がいるみたいです。

確かにカタカナで書くと韓国っぽく見えますよね。

ですが、れっきとした日本人ということで間違いないようです。

 

二人とも爽やかですのでこれかも何かと共演して話題を集めることが多いだろうと思います。

作品はもちろん、恋の行方も楽しみにしつつ活躍を期待したいですね。

 

sponsored link

 

 

難病を乗り越え、女優として開花!

 

赤マル急上昇の芳根京子さん、高校1年生の時にスカウトされて芸能界に入りました。

そこから一気に華々しく人気女優の階段を駆け上がっているように見えますが、実は難病を乗り越えてきた過去があります。

 

中学2年生の時、ギラン・バレー症候群という病気になったと打ち明けています。

この病気は筋肉を動かす運動神経が障害を起こしてしまうもので、特徴として手足に力が入らなくなるという症状がでるそうです。

 

「1年間くらいは普通に学校に通うことが難しい時期はありました」と当時のつらい状況とを振り返っています。

発症率は日本で年間10万人に1~2人の割合で、これは難病とされている中では高い割合なんです。

 

「少ない可能性ですが、この病気で亡くなった方もいると聞いて、そこから命の重さを自分で実感しました」と語る彼女。

思春期真っ只中の元気なときにこのような病気になってしまうとは、とても大変な思いをされたのでしょうね。

 

ちなみにギラン・バレー症候群はまだ原因が特定されていない難病とはいえ、自然に治る病気。

現在は完治しているとのことで、一安心ですね。

 

この病気を患ったことで芳根京子さんは、「自分はこんなにも周りの方に支えられているんだと。こんなにも周りの人に見られて普段の生きている中で、周りに対する思いがすごい感じた。そういう経験したからこそ、しっかりと自分を持とうと考えるようになった」と芯も強い女性として成長できた様子です。

 

周りの支えを糧にし、彼女は女優業を続けてきたわけですが、「オーディション荒らし」などという異名をとっています。

 

実は、彼女の作品はほとんどがオーディションで通ったもので、芳根京子の名前があると他の若手女優の担当者が「うちのタレントは厳しいか・・・」と、肩を落とすんだそうです。

 

『表参道高校合唱部!』高成麻畝子プロデューサーは彼女のことを「一見、普通の女の子。でも、お芝居を始めると、輝き、魅力が倍増して、人を惹きつける力を持っているんです。」とその魅力を紹介してくれました。

 

NHKの『べっぴんさん』では2000人もの中からオーディションを通った彼女。

強運だけではなく、人を惹きつける美しさと、感謝の心を持ち合わせた素朴な魅力が人々を虜にするのでしょう。

10月から始まる新しい朝、日本中から注目を集めそうですね。

 

 

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



sponsored link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る