星野源が病気「くも膜下出血」で手術を2度も!バナナマンの贈った曲が大爆笑!

星野源 トップ

 

俳優、ミュージシャンとして現在大活躍の星野源さんですが、過去に壮絶な大病と戦った経験を持っています。

2012年、2013年にくも膜下出血による手術を2度も。

想像以上の闘病生活を送っていたようです。

そして、今では奇跡ともいえる復活を遂げた星野源さん。

その裏には意外な展開が・・・

お笑いコンビ、バナナマンとの友情関係があったのです。

 


sponsored link

 

 

2度のおよぶ手術と闘病生活の苦悩!

 

星野源さんは2000年代初頭から俳優ミュージシャンとして活動していましたが、2010年にソロデビューするまでは、“SAKEROCK”というインストゥルメンタルバンドで活動していました。

バンド内での担当はリードボーカルではなく、ギターマリンバを担当していました。

 

俳優としても『WATER BOYS』(2003年)、『タイガー&ドラゴン』(2005年)、『ゲゲゲの女房』(2010年)など数多くの作品に出演してマルチな才能を発揮していました。

 

ソロ歌手としてデビューしてからも、定期的に発売するシングル曲はほとんどがオリコン10位以内にランクインするなど、目まぐるしい活躍を見せていたのですが、2012年12月22日、楽曲制作とレコーディングが無事に終わった直後に悲劇が訪れます。

 

スタッフ皆で拍手をしていると、「急に目の前がぐにゃっと曲がった」「バットで頭を殴られたような痛み」とともに、立っていられなくなり、救急車で運ばれた病院で聞かされたのは、“くも膜下出血”という病名でした。

 

手術前に担当医は本人に「絶対に助かります」と力強く宣言したそうですが、周囲の人には「後遺症の可能性も含め、全快の可能性は低い」と言っていたそうです。

 

カテーテル手術により一命を取り止めた星野源さん。

手術は無事成功!

したように思われたのですが実際はそうではなかったようです。

 

手術箇所が万全でない事が分かったのは、2013年6月。

星野源さんは活動を休止し、2度目の手術を行うことになります。

1度目はカテーテルでしたが2度目は開頭手術でした。

 

結果、今度こそ手術は無事成功!

しかし

次に星野源さんを待ち受けていたのは想像を絶する闘病生活でした。

 

“生きるための苦しみ”

 

食べ物はもちろん水も飲めず、ただただ続く「爆発的な」頭の痛み。

動けないストレスからかくる神経過敏

執拗につきまとう、他の患者の息遣いや機械の音。

 

「今すぐにでもベッドの頭上にある窓から飛び降りたい。早く死んでしまいたい。こんな拷問のような痛みはもうたくさんだ」

 

星野源さんは病室で、今こういう状態になったことを、今までの行動を振り返り、自身を大変責めたそうです。

 

そして、辛い闘病生活に耐えた星野源さん。

2013年9月26日完全復活を遂げました。

 

sponsored link

 

 

星野源とバナナマンの絆!

 

星野源 バナナマン

 

2006年のドラマ『アキハバラ@DEEP』で共演した星野源さんとバナナマンの2人は、親交を深めるようになりました。

2010年からは毎年、日村有紀さんに星野源さんはバースデーソングを送り続けています。

 

星野源さんが病魔から1度目の復活を果たした頃に、日村さんに贈ったバースデーソング『どうかしてるぜ』は、星野源さんの病状を心配してメールや留守電をくれる日村さんに対しての「なぜあなたはお笑い芸人なのに、僕を笑わせずに感動させるの?」という思いが込められた曲です。

 

星野源さんは楽器出身ですが、この歌の中でもブラックミュージック的な音使いで、よりエモーショナルに歌い上げていますね。

 

 

『どうかしてるぜ』の前に、日村さんが星野源さんに対して贈ったアンサーソングがありました。

 

『君と初めて』という曲で、昔のフォークソング調の曲に少しふざけた感じの歌詞なんですが、歌の内容は「いつも僕(日村さん)は君(星野さん)に与えられるばかりで、僕は何一つ君に与えることが出来ていない事が悲しい。僕が君に出来る事は何だろう?」という、本当に友達を思う歌詞の内容なんです。

 

そして最後に「僕のおごりで一緒に風俗店に行こう!そして帰りに鰻を食べよう」という内容の歌詞をリフレインします。

コミカルではありますが、日村さんの、星野源さんに対する思いが非常に込められた曲だと思いますね。

 

 

星野源さんの2015年の大ヒット曲『SUN』は、実はバナナマンに深い関わりがあります。

『SUN』は元々『SUN VILLAGE』、そう『日村』さんなんですね。

この曲で星野源さんは紅白歌合戦にも出場し、副音声を担当したバナナマンとの共演となった訳です。

 

ドラマの共演で知り合った星野源さんとバナナマンの2人ですが、星野源さんが大病を患ってもその関係は疎遠になるどころか、より絆が深まりました。

アーティストお笑い芸人という、ジャンルは異なる世界にいてもその才能や生きざまにお互いをリスペクトしているのですね。

 

星野源さんも今年はドラマ『真田丸』、そして10月からの連ドラも決定しています。

こんな快進撃の裏にはバナナマンの2人との素晴らしい信頼関係も、その一因となっているのかも知れませんね。

 

 

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



sponsored link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る