川谷絵音がほのかりんとの飲酒を週刊文春に暴かれついに自粛!ブサイクと評判なぜモテる?

川谷絵音 トップ

 

2016年もいよいよ終盤となりました。

今年もいろいろ芸能界のスクープがありましたが、1年に2回もスクープされた人物がいますよね。

皆さんも思い浮かぶでしょう。

そうです、ゲスの極み乙女。の川谷絵音さんです。

年明け早々、ベッキーさんとの不倫スキャンダルを報じられました。

二人のやりとりで、「ありがとうセンテンススプリング!」なんていう名言も残していますが、またもやスクープされてしまったようですね。

 


sponsored link

 

 

ゲスすぎた!?ついに活動自粛!

 

ベッキーさんとのスクープが報じられたのは1月のことでした。

清純派の人気タレントであった彼女のイメージが崩れ、活動自粛に追い込まれました。

今でもあまりテレビ・CMで見かけないですね。

実は、当時結婚していたのを隠して交際していたということでも川谷絵音さん話題になりましたね。

今では離婚し、ベッキーさんともすっぱり切れてはいるみたいです。

 

しかし今回また週刊文春熱愛がスクープされたのです。

お相手は報道当時まだ19歳の女優でタレントのほのかりん

ちなみにフルネームで呼ばれることが多く、ひらがなのため分かりのですが「ほのか」が苗字で「りん」が名前ですね。

本名は非公開の為、「ほのかりん」は芸名です。

 

ベッキーさんとの熱愛報道からあまり経っていないのにまた別の女性とのスキャンダル発覚なんてビックリしますよね!

今回問題になっているのはほのかりんが未成年だったにも関わらずバーでお酒を飲んでデートしていたということです。

 

ほのかりんは1996年10月4日生まれ。

つい先日、ようやく二十歳を迎えたばかりですね。

以前のスクープのときは特に川谷絵音さんはアクションを起こさず、ベッキーさんだけが活動自粛に追い込まれる形となっていました。

 

しかし今回は未成年との飲酒という行為が問題になり、ついに活動自粛を発表しました。

「ゲスの極み乙女。」との他に「indigo la end」というバンドもやっていましたが、両方とも活動休止

また新しいアルバムの発売も延期となってしまいましたね。

 

今回はバンドメンバーにも迷惑が掛かっていますし、代償が大きかったですね。

ゲス極の音楽は確かにいいものですが、やはり人間性というのは世間様から見られているものです。

自分の欲望そのままに楽しんできた結果の痛みを反省して、また新しくパワフルな音楽を世の中に送り出してもらいたいですね。

 

sponsored link

 

 

ブサイクなのにもてる不思議!

 

短いスパンでスキャンダルを飛ばしている川谷絵音さんですが、一体どんだけの色男なんでしょうかね。

私個人としては、どうも中性的で男を感じないし、イケメンには思えないのですが・・・。

 

一見するところ今はやりの草食男子といった感じに思えますよね。

芸人のおぎやはぎからは「こいつ顔があんな感じのやつだから叩かれてる。もし顔が松田翔太だったら誰も叩かないんじゃない?」などとも言われています。

 

やっぱり顔だけでみるとイケメンの部類には入らないという見方のほうが強いですね。

でもたまに居るんです、かっこよくないのにもてる人

そういう人はなにか人と違う飛びぬけたところがあるんです。

 

川谷絵音さんの場合は音楽という素晴らしい才能がありますよね。

あれだけ売れているバンドで、キャーキャー言われている人から誘われたら女子としてはぐらついちゃうのではないでしょうか。

 

しかもそういう芸術的感性のある人って、心を打ち抜くような言葉を使ったりするじゃないですか。

「ピュアだなぁ」なんて思って、どんどんハマッて行くんだと思います。

 

ところが困ったことに、こういう人はおそらく二股を掛けようとか、そういう気持ちはない場合が多い!

目の前に居る子が純粋に可愛いから「君、可愛いね」と素直に言うし、それは自分に恋人や奥さんがいようが関係ないのです。

おそらく川谷絵音さんもこういったタイプなのではないでしょうか。

 

そういえば、報道によると彼はタレント有名人と付き合いたい願望があったみたいですね。

別れてしまった奥さんもタレント顔負けの可愛い方だったとか。

タレントさんもおそらく高嶺の花みたいなところがあって、意外と声掛けられないという話も聞きますよね。

 

そういう人に、タレントを落としたい人気バンドのボーカルというポジションの人が自分のライブに誘ったりしてあれこれアプローチかけたらコロっといっちゃうと思います。

 

そして川谷絵音さんは決してかっこよくはないですが、雰囲気がおしゃれですよね。

服装だとか、髪型だとかそういう雰囲気だけでもモテ度って抜群に上がります。

細身で背が高いので、一見するとおしゃれさん雰囲気イケメンですもんね!

 

ブサイクなのにモテる、と今回改めて話題となった川谷絵音さん。

今回の騒動では女性だけでなくバンドメンバーも泣かしているので、心を入れ替えて戻ってきてくれることを願うばかりですね。

 

 

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



sponsored link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る