錦織圭!ブリスベン国際2017の決勝グウリゴール・ディミトロフ情報と放送予定!

ブリスベン国際2017 決勝 錦織圭

 

錦織圭ブリスベン国際は、2017年の準決勝が行われ、S・ワウリンカに 7-6,6-3 のストレートで勝利して大会初の決勝に進出しました。

 

今日の勝利は、錦織圭のメンタルの勝利かもしれませんね!

特に第1セットは序盤からワウリンカが圧倒してましたが、そこをなんとか耐えて踏ん張って、そしてタイブレークに持ち込めたことで勝機が開けました。

(タイブレークでは先にミスを犯したワウリンカがそのまま錦織圭に押し切られてしまいました。)

 

2セット目以降は、ワウリンカの左足首が悲鳴を上げ始めてきたことも影響したのか、ワウリンカに1セット目ほどの勢いが無く、調子が戻ってきた錦織圭の勢いが勝って徐々に押し込まれてしまいました。

 

昨日のラオニッチ戦のナダルもそうでしたが、やはりビッグサーブを持つ選手のサービスエースをガンガン決められているときは、かなり苦戦を強いられてしまいますね。

 

そういった面でも今日の錦織圭は、本当によく耐えたと思いますし、弱点だったメンタルに改善の兆しを見ることが出来ました。

 

初戦のドナルドソン戦を観る限り、まさか決勝まで残るとは思ってもいませんでしたが、今年の錦織圭何かやってくれそうな雰囲気を感じます。

 

ツアー初戦で幸先良く優勝を飾り、気持ちよくオーストラリアOPに向かって貰いたいですね!

 


sponsored link

 

 

対戦相手は、錦織圭とは同世代でライバルのブルガリア人プレーヤー!

 

錦織圭の準々決勝の相手は、

 

ブリスベン国際2017 決勝 ディミトロフ

 

世界ランク17位のグリゴ-ル・ディミトロフ(ブルガリア・25歳)になりました。

 

準決勝では、昨年の覇者で昨日はナダルを敗っている第1シードM・ラオニッチに、7-6,6-2のストレートで勝って決勝進出を決めております。

この試合、ディミトロフのバックハンドが冴えており、ストローク戦ではラオニッチを圧倒してました。

 

対戦成績は、錦織圭から見て4勝0敗となっています。

直近では2016年のカナダ・マスターズ準決勝で対戦しており、そのときはフルセットで錦織圭が勝っています。

因みに昨年のブリスベンではダブルスでペアを組んでベスト4進出を果たしています。

 

ディミトロフは、2014年に3大会で優勝を飾るなどキャリアハイとなると世界8位を記録して才能を開花させましたが、2015年の後半から徐々に調子を落として2016年7月には40位までランクを下げてしまいました。

しかしそこからまた徐々に調子を上げてきて、今年はツアー最初の大会でいきなり決勝まで上り詰めてきました。

 

sponsored link

 

身長191cmと恵まれた体つきとその端麗な容姿から、シャラポワと付き合うなど女性問題にも事欠かなかったディミトロフですが、再び純粋なテニスを求めた昔の勢いが戻ってきた感じがします。

 

彼のテニスは「ベビーフェデラー」のニックネームでも知られるとおり、球を打ち抜く能力や片手バックハンドからの鋭いショットが魅力的な選手です。

 

また、オールラウンドタイプなテニスをしてくるので、錦織圭との決勝では純粋なテニス本来の打ち合いを観ることが出来るのでは無いでしょうか?

 

そして忘れてはいけないのが、彼のファーストサーブです。

210kmを越える高速サーブを安定して打ってくるので、錦織圭のリターン力が試されることになるかと思います。

 

 

錦織圭準々決勝の試合開始日時と放送日時!

 

1月8日(日)19:00以降 試合開始予定

(日本時間で、1月8日(日)18:00以降の開始予定)

 

テレビ放送の予定は、

WOWOW

1月8日(日)17:30~(生放送)

 

 

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



sponsored link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る