錦織圭!全豪オープンテニス2017の3回戦ルーカス・ラッコ情報と放送予定!

全豪オープン2017 3回戦 錦織圭

 

錦織圭全豪オープンは2回戦が行われ、J・シャルディーに 6-3、6-4、6-3とストレートで勝利して3回戦に進出しました。

 

1ゲーム目にいきなりブレイクをして良いスタートを切った錦織圭が簡単に第1セットをものにしたときは、この試合は楽に勝てそうだと思ってしまいましたが、2セット目以降はシャルディーの強烈なフォアハンド炸裂も有って何度かブレイクを許す展開に冷や冷やさせられました。

 

しかしシャルディーのアンフォースドエラーの多さにも助けられ、無事にブレイク合戦を制することが出来ました。

 

試合内容としては、点差ほど余裕は感じられませんでした。

特に気になったのは、ファーストサーブインの確率が良かったにもかかわらず、これだけのブレイクを許す展開になってしまったことでしょうか。

 

もちろん、シャルディーの強烈なサーブやフォアハンドからの攻撃に手を焼いたことは事実ですが、ファーストサーブのスピードや精度が少し低かったことは否めません。

 

チームとして、多少サーブのスピードを落としてもファーストサーブの確率を上げることを狙っていたのであれば良いのですが、臀部などの怪我の再発を考慮してるのだとしたら、これからの戦いが厳しくなる可能性もあります。

 

それでもストレートで勝てたことで疲れがそれ程残らなかったことは良い兆候ですね!

 


sponsored link

 

 

対戦相手は、ハードコートを得意とするスロバキアのストローカー!

 

錦織圭の3回戦の相手は、

 

全豪オープン2017 3回戦 ルーカス・ラッコ

 

世界ランク121位ルーカス・ラッコ(スロバキア・29歳)になりました。

 

2回戦はベテランのD・セラに3-1で勝って自身2度目の全豪オープン3回戦進出となりました。

今大会は予選から勝ち上がってますので、既に5戦しています。

また、1回戦では第26シードのラモスビノラスにフルセットの末に勝利しており、調子は良さそうです。

 

対戦成績は、錦織圭から見て2勝0敗となっています。

直近では2014年のワシントンの大会まで遡り、この時は錦織圭が2-1のフルセットで勝っています。

 

ラッコは2013年にはキャリアハイの44位をマークしていますが、ここ数年はツアー下部のチャレンジャーを主戦場に戦ってきてる選手のようで、特にめざましい成績は残せていないようですね。

 

しかしながら昨年のウィンブルドンでは、ロレンツィカルロビッチなどに勝って3回戦進出をするなど、ハマったときには力を発揮しています。

 

sponsored link

 

ラッコは、いわゆる典型的なストローカータイプの選手で、積極的にベースラインからストロークで勝負してくる選手です。

尚、サーブスピードは200kmを越える程度と錦織圭とそれ程変わりません。

 

プレースタイルは、とても平均的で正当派なタイプ。

際だって何か強い武器があるわけではありませんが、今大会錦織圭が当たった他の選手同様フラット系のボールを打ってくる選手ですので、全豪オープンのような球足の速いコートではそれなりに力を発揮してくると思われます。

 

とはいえ過去2戦に比べれば力の落ちる選手なのは間違いないので、ここはストレートで省エネ勝利を収めていただき、来たるべき4回戦の相手(フェデラーorベルディヒ)に備えることが大事になってくるでしょう!

 

 

錦織圭2回戦の試合開始日時と放送日時!

 

1月20日(金)19:00 試合開始予定

(日本時間で、1月20日(金)17:00の開始予定)

 

テレビ放送の予定は、

 

WOWOW

1月20日(金)16:50~ ライブ

 

NHK総合

1月20日(金)17:00~ ライブ

 

※日本との時差は2時間になります。

 

 

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



sponsored link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る