錦織圭!全豪オープンテニス2017の4回戦ロジャー・フェデラー情報と放送予定!

全豪オープン2017 4回戦 錦織圭

 

錦織圭全豪オープンは3回戦が行われ、L・ラッコに 6-4、6-4、6-4とストレートで勝利して4回戦に進出しました。

 

点差的には全てのゲームがいずれも1ブレイクアップということでしたが、内容的には錦織圭が圧倒していた印象を受けました。

 

特にサービスゲームで安定感があり、ファーストサーブが決まった時に83%、セカンドサーブが決まった時は67%という高い確率を残し、結果として一度ブレイクを許した以外は一度もブレイクポイントを与えない素晴らしい試合内容でした。

 

また、この試合の錦織圭は全体的にショットに力強さがあり、終わってみれば46本のWINNERを叩き込んでいました。

 

特にバックハンドのリターンが鋭くて相手選手が付いていけてないシーンがたくさんありました。

 

ただし、全体的に少し凡ミスが多くて、特にフォアハンドのエラーが目につきました。

 

4回戦からは、また相手の強さのレベルが上がるので、フォアハンドのエラーを修正して万全な状態で挑んで欲しいと思います。

 


sponsored link

 

 

対戦相手は、膝の大会から復活したテニス界のレジェンド!

 

錦織圭の4回戦の相手は、

 

全豪オープン2017 4回戦 フェデラー

 

世界ランク17位で、4大大会17勝を誇るロジャー・フェデラー(スイス・35歳)になりました。

 

3回戦はT・ベルディヒを3-0のストレートで下して自身2度目の全豪オープン3回戦進出となりました。

 

1、2回戦の試合を見る限りは、良いプレーもあれば雑なプレーもあったりして、やはり未だ本来の試合勘を取り戻せていない感じも受けましたが、ベルディヒ戦ではかなり全盛期のテニスに近い印象を受けました。

 

試合をしながら調整をどんどん上げてきた感じでしょうか。

 

対戦成績は、錦織圭から見て2勝4敗です。

 

4大大会では初めての対戦となります。

 

直近で行われた2015年ツアーファイナルの試合では、錦織圭がフルセットの末に敗れはしましたが、とても内容の良い試合で観ている側もワクワクするような手に汗握る試合でした。

 

sponsored link

 

フェデラーのテニスといえば、やはり”速さ”でしょうか。。。

 

ベルディヒ戦でもそうでしたが、ラリーも短く5本以内で勝負をつけてくることが予想されます。

 

特にリターンをしてからの展開が速く、あれよあれよと言う間にゲームが終わっていることも良くあります。

 

また、リズムに乗って調子の良い時のフェデラーはサーブまでの展開がとても早く、相手選手は構えたと思ったらすぐにサーブが打ち込まれてくる感じを受けるのでは無いでしょうか?

 

錦織圭としては、フェデラーに気持ちよくプレーさせないようにしっかりとサービスゲームをキープすることが大前提でしょう。

 

その上で、リターンゲームではリターンを深く返すことでストローク戦に持ち込み、得意のウィナーを叩き込んでいくテニスが必要かと思われます。

 

浅いリターンでは、ネットプレーなどの速いテニスをフェデラーに展開されてしまう可能性が高くなるので、とにかくリターンをしっかり返してストローク戦に持ち込むことが大事でしょうね。

 

さらに、今大会のフェデラーはサービスが良いので、錦織圭としてはしっかりコースを読んでリターンの対応ができるようにしたいですね。

 

錦織圭フェデラーも、共にお互いをリスペクトしてる素晴らしい選手同士なので、来るべきこの試合を楽しみたいと思います。

 

 

錦織圭2回戦の試合開始日時と放送日時!

 

1月22日(日)19:00以降 試合開始予定

(日本時間で、1月22日(日)17:00以降の開始予定)

 

テレビ放送の予定は、

 

WOWOW

1月22日(日)16:50~ ライブ

 

 

NHK教育

1月22日(日)17:00~ ライブ

 

 

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



sponsored link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る