飯豊まりえの放送事故あわやのところで?!吉岡里帆に似すぎでまるで姉妹?

飯豊まりえ トップ

 

突然の引退が続出している芸能界。
衝撃的だったのは出家した清水富美加さんですよね。
関連する作品も話題となっていますが、「暗黒女子」という映画があと1ヶ月で公開を迎えます。
その中で清水富美加さんとダブル主演を務めたのが飯豊まりえさんです。
記者会見で「富美加ちゃんも含めて、一生懸命作り上げたことにうそはない」とコメント。
ルックスはもちろん性格でも人気急上昇中ですね。

 


sponsored link

 

 

普段見せないセクシーショットが!?

 

彼女の名前は少し読み方が難しいでしょうか、飯豊「いいとよ」と読みます。
1998年1月5日生まれで、まだ19歳とタレントさんとしても伸び盛り。
芸能界入りのきっかけは10歳のときにエイベックスの人にスカウトされたことだったそうです。

 

映画「レッドクリフ」の主題歌を務めたalanさんの曲でバックコーラスPV出演したことで芸能界デビュー。
それ以降は雑誌のモデルタレント活動にも力を入れています。
デビューから2年後には人気ドラマ「世にも奇妙な物語」に出演、、能年玲奈さんとも共演を果たしています。

 

2014年には「めざましテレビ」内での「イマドキ」というコーナーに出演。
こちらはトレンド情報コーナーで、今をときめく女性タレントさんたちがコーナーで情報紹介をしていきます。
そして、飯豊さんは2014年からリポーターを3年ほど務めていたんです。
しかしこのコーナーで、一生懸命すぎるあまりのハプニングがあったのです!

 

その放送の日のイマドキの紹介はお風呂グッズの紹介でした。
飯豊さんがお風呂に入って色々とリポートしていくのですが、この時に体に巻いていたバスタオルがリポートしているうちにずり落ちてきてしまったのです!

 

その時の画像こちら!

飯豊まりえの入浴シーン

確かに最初の頃の画像に比べてバスタオルズルズルと・・・

 

本人も少しずつタオルがゆるくなっているのは分かってたと思うのですが、きっとコーナーの流れを止めてはいけないとか思ってしまったのでしょう。
最後までやりきりましたが、ポロリ寸前であわや放送事故・・・。
きっと番組をみていた視聴者のひとも、お風呂グッズの紹介なんか全然耳に入ってこなかったことでしょう。笑
あまり過激なグラビアの仕事も彼女はやらないので、ファンにしてみたらかなりのサービスショットだったようですね。

 

sponsored link

 

 

そっくりな2人は姉妹?

 

飯豊まりえ 吉岡里帆

 

ネットで噂になっているのがタレントの吉岡里帆さんにそっくりだということです。
そういわれてみて私も2人の写真を並べて見ると、なるほど確かに良く似ています。
歳の差は5歳ということですが、この2人はソックリでも姉妹ではないんです。
他人でもココまで似るということが本当にあるんですね!

 

もしかしたら私が今まで吉岡さんだったと思っていたのが飯豊さんなのかもしれないと一瞬不安になりました。笑
っていうか今も見分けが付かず、不安はぬぐいきれないんですが・・・。

 

笑ったときにえくぼのようなものができるのが吉岡さんだと、私の中では区別しています。
ちなみに吉岡さんはゼクシィのCMUR賃貸のCMに出ていますよね。
そして飯豊さんはというと、こちらもアパマンショップという賃貸のCMに出ているのです。
友だちと話していて「あの賃貸のCMに出ている子」などと話を進めていったら実は違う人を思い浮かべていた、なんていうことにもなりかねないほどソックリ

 

そしてドラマにも同じタイミングで出演しています。
2017年1月スタートのTBS系「カルテット」吉岡さん、そしてフジテレビ系「嫌われる勇気」には飯豊さん。
もうこうなってくるど本当にどっちがどっちだか分かりませんね!
今では髪の毛の長さも同じくらいだし、知らずにぱっと見たら混同してしまうと思います。
吉岡さんは京都府出身で、飯豊さんは千葉出身ですので、プライベートでは言葉のイントネーションも違うと思いますがさすがに役者として演じているときにはそういうのは出ませんものね。

 

同じジャンルのCMや同じクールのドラマに出演していて、本当にドッペルゲンガーのようなお2人。
その見分け方については双子タレントのマナカナ並の難易度だと思います。
いかがでしょう、これぞと見分けるのに自信のある方はいらっしゃいますでしょうか。
決定的な違いを発見した方がおられたら是非とも教えて頂きたいです!笑

 

 

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



sponsored link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る