ブルゾンちえみのすっぴんとスタイルに悩殺者続出!気になる本名は?年齢は?

ブルゾンちえみ トップ

 

先日開催されたR1グランプリで優勝こそ逃したものの、現在人気がうなぎのぼりのブルゾンちえみさん。
いつも後ろに男性二人をはべらせていますが、実はピン芸人なんですよね。
一度見たらなんだかずっと頭の中をリフレインしてしまうような中毒性があるネタで、世間を虜にしています。
挑発的な濃いめの化粧に、ちょっと上から目線で恋愛についてのアドバイスを小憎らしくしてくれる彼女。
今回は、そんな今アツいブルゾンちえみさんのことをいろいろとご紹介したいと思います。

 


sponsored link

 

 

悩殺フェロモンがとまらない!

 

ブルゾンちえみさんを見てまず衝撃を受けるのがあのメイクではないでしょうか。
きつく跳ね上がったアイラインにダークレッドの口紅
自己主張のしっかりある、キャリアウーマン風ですよね!
彼女はかの有名デザイナーであるコシノジュコさんをリスペクトしているそうで、その影響もありおかっぱアタマで化粧も似せているようです。

 

あんな濃いメイクだとやっぱりすっぴんはどんなんだか気になっちゃいますよね。
検索をかけると、けっこう出てきます。

 

ブルゾンちえみ すっぴん

 

お肌はなかなか綺麗です!
すっぴんの写真は同じく芸人のやしろ優さんに雰囲気が似ています。
ちょうど顔のふくよかさや肌の色なんかも近いものがありますからね。
メイクした顔も妙に色っぽいですが、すっぴんはまだあどけなさも残っていてこちらも魅力的です。

 

そんな彼女が芸人として歩みだしてから、まだ2年
きっかけは2016年12月、「ぐるナイ!おもしろ荘若手にチャンスを頂戴今年も誰か売れてSP」に出演したことでした。
インパクトのある見た目でまず面白い予感満載でしたが、ネタを披露したところ出演者一同、大絶賛!
ナイナイの岡村さんも、ブルゾンちえみさんのセクシーさとスタイルにかなり悩殺されていたようでした。

 

ブルゾンちえみ スタイル

 

彼女は身長155センチと小柄ですが、実は体重は62キロも?あるんです。
これを聞くと、見た目以上にかなりふくよかなスタイルなんだということが分かりますね!
女性からすると太りすぎかなと思う数値ですが、実際男性からしてみたらこれくらいのむっちりボディのほうがセクシーさを感じるのかもしれませんね。
スリム志向のこのご時勢、彼女のようにややぽっちゃりでセクシーだとスタイルを評価される風潮が広まれば、女子としてはうれしい限りですね。

 

そして、あのタイトなミニスカートに透け具合がセクシーな黒ストッキングというのもポイントではないでしょうか。
体のラインが強調されて、男性のつぼを刺激するのでしょう。
モテないと悩んでいる女子は彼女のファッションを真似てみるのもありかもしれませんね!

 

sponsored link

 

 

やっぱり気になるちえみの基本情報!

 

スタイルやメイクもさることながら、その芸名もインパクトが大きいですよね。
ブルゾンはともかく、“ちえみ”という名前ですが、実はこれ本名とはまったく関係ありません。
芸名の名づけ親は事務所の先輩である「はなしょー」杵渕はなさんがインスピレーションで「っぽいよね」ということで決まったもの。
3秒で決まったというスピード感にビックリしますが、芸名って案外単純に決まったりするものなんでしょうね。

 

じゃあ本名はなんていうのかというと、以前出演していたラジオ番組に藤原史織という名前で出ていたことが判明しています。
こちらが本名とみて間違いないと思いますね!
かなり可愛らしい名前ですよね。
この名前をみると私は某恋愛シュミレーションゲームのヒロイン「藤崎詩織ちゃん」がちらつくのですが、とても可憐で清楚な印象です。

 

やっぱりこう見ると、本名より“ブルゾンちえみ”のほうがインパクトもあるし、たしかに「っぽい!」と思えます。笑
名前のイメージって本当にはまるかはまらないかのツボがありますよね。
ちなみに藤原史織という名前で出演していた番組に25歳と表記がありました。
芸人になってまだ2年目の彼女、誕生日は8月ですので27歳を迎えます。

 

ネタにしているキャリアウーマンほどキャリアは芸人として浅いですが、これからたくさんのキャリアを積み重ねていくのでしょう。
色々な経験を経て、また新しいキャリアウーマンネタを披露してくれる日を楽しみに待ちましょう!
キャリア!

 

 

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



sponsored link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る