木村拓哉の子供の年齢に仰天!工藤静香と離婚を予感させる真相は?

木村拓哉

 

2016年の年明け早々、びっくりしたのはなんと言ってもSMAP解散騒動ですよね。

天下のジャニーズの看板グループのということで、連日スポーツ紙の一面を飾りました。 

SMAPファンにとってはほんと衝撃的な出来事でしたよね。

ちょっとおさらいを兼ねていろいろ探ってみました。

 

 


sponsored link

 

 

SMAP解散危機を救った人物とは?

 

私の周りにもジャニーズファンの子が沢山いて、思わず『SMAPどうなってんの!?』とLINEをしてしまいました、笑。

 

海外からファンが駆けつけたり、ファンの間ではCDの購買運動が呼びかけられたりカラオケではSMAP往年の名曲がリクエストランキングの上位を占めたりと、日本中…、いえ世界中を震撼させた出来事でしたよね。

 

グループ解散という最悪の事態を回避してほしいというファンの熱い気持ちに心を打たれた人も多かったと思います。

 

 

さて、今回の騒動で浮き彫りになったのが5人のメンバーの関係ですよね。

独立したいと言い出した中居正広を始めとして、他3人のメンバーもそれに続く意志を見せたようです。

 

ところが木村拓哉だけはジャニーズ事務所への残留を希望した、というのが一連の報道で明らかになったことです。

 

なぜこのように5人は違う方向を向いてしまったのでしょうか。

 

 

やはり、その裏には木村拓哉既婚者であったということが大きいように思います。

木村拓哉の奥さんである工藤静香は、渦中の人物であるメリー喜多川副社長と仲が良かったと言われています。

 

工藤静香

 

日の目を見ないところで、旦那の仕事先とも良好な関係を気付いて居たとは・・・。

彼女のバックアップがあってこそ今の“キムタク”があるわけですね。

 

そしてメンバーの独立に対して、その工藤静香がどうやらジャニーズ事務所から離れないで欲しいという旨を木村拓哉に伝えたようです。

 

木村拓哉ほどのビックネームとなれば独立しても十分稼げるんじゃないかと思いますが、やはりお子さんがいらっしゃるとまた気持ちも違うのでしょうね。

 

sponsored link

 

木村拓哉の二人の子供の年齢にビックリ!

 

木村夫妻にはお子さんが二人いらっしゃいます。

 

木村拓哉、工藤静香、子供

 

2000年に結婚を発表し、翌年2001年には長女が誕生しています。

なんと今年で15歳を迎えます!

 

あの衝撃からもう15年も経つのか・・・。

 

 

時の流れは速いものです。

長女のときほど話題にはなっていませんが、次女は2003年に誕生しており、こちらも13歳

 

もう二人ともランドセルは卒業です。

 

 

今も最前線で活躍している木村拓哉にこんな大きなお子さんがいらっしゃるとは、改めてビックリさせられますね。

 

本当に木村拓哉からは生活感が感じられませんから。

それだけ完璧にアイドルという職業をこなしているという証拠でもありますね。

 

 

工藤静香と離婚を予感させる真相は?

 

そしてまたびっくりさせられるのがこの木村夫妻に離婚の噂がまことしやかに囁かれているという事です。

 

一説として噂されているのが、木村拓哉の不倫

 

 

女優の香里奈や、モデルの山田優がそのお相手として名前が挙がっています。

しかし女優の香里奈とはドラマの競演で親しかっただけといわれており、はたまたモデルの山田優は人気俳優小栗旬との結婚・出産を経て現在は多忙な生活です。

 

そう考えると、木村拓哉の不倫説は少し説得力に欠ける気がします。

 

 

そして工藤静香との教育方針の違いということでもすれ違いがあるという話です。

しかし、SMAP独立騒動に関して、残留するよう工藤静香が働きかけたという報道からも考えられるように、木村拓哉工藤静香の意見がすれ違ったりするということは考え辛いと思うのです。

 

おそらく、工藤静香メリーさんをはじめとする事務所の顔をたて、更には思春期真っ只中で、これから教育費もかさむであろう二人のお子さんのことも考え安定の道を選択したのだろうという印象です。

 

 

まぁ、天下のSMAP天下の“キムタク”が食いっぱぐれることなんて天と地が逆さまになるくらありえない事でしょうけど…。

 

 

だけどSMAPの看板がなくなったとき、木村拓哉中居正広以外のメンバーは果たして大丈夫なのでしょうか。

そういうほかのメンバーのことまで考えた独立の引きとめだったとしたら…。

工藤静香は本当にやり手です。

 

 

離婚が囁かれてはいますが、木村拓哉はこのやり手女房と手を取り合い、スーパーアイドルとして逆境に負けないような伝説を作っていって貰いたいものです。

 

 

 

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



sponsored link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る