櫻井翔の父は年収が驚きのエリート官僚!妹も優秀なエリート日本テレビアナウンサー?

櫻井翔

 

テレビで見ないことがないぐらい露出過多のアイドル!嵐の櫻井翔。

歌にドラマにニュースキャスターと幅を広げて活躍していますが、それに勝るとも劣らない驚きの経歴の持ち主が櫻井翔の父である櫻井俊さんと妹の櫻井舞さんです!

今回は櫻井翔のご家族にスポットを当て、その凄さについていろいろ探ってみました。

 


sponsored link

 

櫻井俊さんとはいったいどんな人なのか?

 

櫻井俊さんは1953年生まれの62歳。

群馬県内の高校卒業後、東京大学法学部へ・・・。

 

櫻井俊

 

卒業後は旧郵政省へ入省。

当時入省した人材が優秀な方が多かった為に「花の52年組」と言われていたようです。

入省から重要なポストに就かれ2001年総務省が発足してからは様々な局長を経て、2015年に就任することがとても難しい“総務事務次官“へ昇進されました。

昇進されたと同時に嵐の櫻井翔は自分の息子だと公表したようですね!

 

そもそも総務事務次官とは・・・。

『総務事務次官』とは、各省において公務員が就く一般職の最高の地位で事務方の一番上にいらっしゃる方の事を言うみたいです。

 

そんな超エリートの櫻井俊さんですが気になるのはもちろん、

年収!!

ですよね?

 

私の身近にいる公務員の方に聞いても中々のお給料を戴いてると聞いたことがあるので、その方々のトップに立つ方の年収たるものおったまげる金額でしょうね。

逆に言えばそこまでの地位がある役職であれば超驚くような金額を貰っていてほしいわけですが・・・。

で、その金額は、

年収2000万円超え!!3000万円との噂もあります。

 

う~ん、さすが「エリート官僚」と言われるだけありますよね!

年収もキャリアに負けないぐらい「エリート」ですね。

 

sponsored link

 

妹もやはり優秀なんですね!

 

更なる櫻井家のエリート家族、それは櫻井翔の妹。

櫻井舞さんです!櫻井翔の4歳下で今年30歳になるそうです。

 

櫻井舞

 

舞さんは2009年に成城大学を卒業後、入社が困難と言われる日テレに総合職として入社。

2010年から東京地検特捜部と国税庁を担当する司法記者として活躍しているそうです。

入社当時はコネで入社できたのじゃないかと言われていたみたいですが、仕事ぶりも定評があり、地検や国税庁をも任されるほどですから、入社できたのは舞さんの実力であることも十分考えられますよね。

実際はもちろん分かりませんけどね。笑

兄妹揃ってのテレビ共演もいつか見られるかもしれませんね。

十分期待しちゃいます。

 

櫻井翔の父、妹の驚きの経歴について綴ってきましたが、さらに母は大学教授、弟は慶応大学在学中なんだそうです。

ほんと超エリート一家の櫻井家ですよね。

これからどんな活躍が見れるのか凄く期待される家族です。

 

 

 

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



sponsored link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る