忽那汐里がまさかの出産で父親の正体は?退学は松田翔太とのフライデーが原因!?

忽那汐里 トップ

 

オスカープロモーションに所属し、国民的美少女から女優として活躍している忽那汐里。

その忽那汐里に驚きの噂が浮上しているようです。

 

その噂とは、なんと最近出産をしたのだとか。

しかし、それを証言したは本人ではなく、別の人物だったとのこと。

 

果たして真相は?

 


sponsored link

 

 

忽那汐里の出産した赤ちゃんのお父さんとは・・?

 

2006年に国民的美少女として選ばれてから、色んなドラマや映画に出演していた忽那汐里ですが、最近めっきり見なくなったな・・と思っていたら、なんと妊娠・出産をしていたようなんです!

 

どうしてそんな話が出てきたのかというと・・ある男性が2014年の年末の忘年会の時に暴露した事から始まったようです。

 

なにやらその男性は・・芸能人ではなく22歳の一般人との事。

しかも!モデルやタレントで活躍しているダレノガレ明美の元カレらしいのです。

 

 

その男性がその忘年会で暴露した話とは・・・

 

「籍は入れていないけど、子供がいる。」と発言し、ヒントとして、その女性のプロダクション名清純派女優として売り出している事、最近22歳になったばかりだとか、出演したCMのスナック菓子の商品名まで暴露したそうで、

 

忽那汐里の誕生日は12月22日・・・・・・当てはまる。

一時期ポッキーのCMに出ていた・・・・・当てはまる。

清純派女優として売り出している・・・・・当てはまる。

 

もう・・忽那汐里に当てはまりすぎじゃない?!

 

しかし・・忽那汐里の所属するオスカープロモーションには恋愛には厳しい“掟”があるようで、10代にデビューすると25歳になるまでは恋愛禁止だとか。

 

現在の忽那汐里の年齢は23歳ですから、まだ恋愛解禁にはなっていませんよね・・

その中、恋愛飛び越えて妊娠・出産となると、事務所も黙ってはいないはず!!

 

なんですが・・こんなに話題になっているのに事務所は黙り込んでる・・

どういうこと?ただのデマだから相手にしてないのか・・事実だから逆に黙っているのか・・う~ん・・どっちなんだろう・・・。

 

 

一時期、忽那汐里が激太りした時もあったようですが・・妊娠で太ったのか、ただ少し太っちゃっただけなのか・・

 

ネットを調べてみても、本当に出産した確実な情報がなく・・あいまいな情報しかないので、出産したのが事実なのかわかりません・・

男性が忘年会で酔っ払って妄想しての発言だったのかもしれないし・・

 

私の結論としては、この噂はデマなんじゃないかと思いますね・・あまりにも出産の事実がわかる証拠が少ない・・というか全く無いに等しいし、出産となるとやっぱり事務所が黙っていないでしょ!

 

sponsored link

 

 

忽那汐里が大学を退学したのは松田翔太との関係が原因?!

 

忽那汐里は2011年堀越高等学校を卒業後、上智大学へ入学しましたが、2013年に中退しました。

その中退の原因は松田翔太との熱愛がフライデーされたから?!との噂なのですが・・真相はどうなんでしょうか?

 

松田翔太

 

 

事の発端は2013年2月に松田翔太と“手つなぎデート”をフライデーに報じられた事でした。

 

忽那汐里が帰国子女という事もあり、英語が話せるという共通点で意気投合し、交際が始まったようです。

しかし・・その報道にオスカープロモーションの社長が激怒し、発覚後まもなく、松田翔太がオスカープロモーションに「二度と会わない」と宣言し、2人は破局を迎えたようです。

 

それからしばらく忽那汐里は落ち込んでいたようです。そして、同年6月に大学を中退してたと報じられました。

・・恋愛のショックで大学に行く気にもなれなかったんでしょうか・・

 

 

ですが、中退の理由とは「芸能活動と勉強の両立が難しくなった」との事。

・・確かに仕事と勉強の両立はなかなか難しいですよけども・・失恋も原因の一つなんじゃないでしょうか・・

 

だって・・あの松田翔太ですよ?あのイケメンと破局しちゃうんですよ?!

ショックすぎますよ・・

 

でも、もう少しで恋愛も解禁される歳になるので素敵な人と思いっきり恋愛してほしいです!そして、女優としての活躍も期待したいです!

 

 

・・手つなぎデートか・・もうどれぐらい手繋いでないかな・・

でも・・手繋いでたら手のひらベタベタするんだよな・・とつぶやいてみました。笑

 

 

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



sponsored link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る