能年玲奈のキャラは障害なのか天然なのか?事務所と契約終了で復活劇の真相は?

能年玲奈 トップ

 

NHKドラマ「あまちゃん」で主役をつとめ、ブレークを果たした能年玲奈。

 

めっちゃ可愛いですよね。

透明感があって、ちょっと天然な感じもどこか放っておけない雰囲気で守ってあげたくなります。

 

そんな中、能年玲奈のキャラが個性的ということで色々噂されているようです。

 


sponsored link

 

 

じっくり考えて話す真面目な性格!

 

能年玲奈はもともと雑誌のモデル出身でした。

「あまちゃん」でブレークを果たして以降、バラエティでの活躍も段々と多くなってきましたね。

「しゃべくり007」に出演したときのことが引き合いに出されることが多いのですが、途中でつかえてしまったり、途切れてしまったりすることがありました。

 

ドラマに出演しているときとは雰囲気が異なり、違和感を感じる方も少なくないようです。

「これは障害なのでは?!」なんてネット上では噂されていますね。

 

当の能年玲奈はこれについて自覚があるようで、別の番組では何を話せばいいか迷うという趣旨の発言をしていました。

障害という言葉には御幣がありますが、バラエティに出演するととても緊張してしまうようです。

 

中学時代は考えこんでしまい、親と衝突することも多かったという彼女。

自分を言葉で表現することが苦手なのでしょうか。

まだあまりバラエティ慣れしていなかったことから発言していいこと悪いこと、求められている答えを悩みすぎて言葉がでてこなかったというのが真相のようです。

 

真面目な性格なんですね。

 

sponsored link

 

 

見事復活なるのでしょうか?

 

そんな能年玲奈、2015年に事務所を立ち上げて独立騒動となっていますよね。

この騒動のせいか最近めっきり露出がへっています。

 

所属事務所のレプロとは2016年の6月まで契約しているので、それ以降は個人事務所で仕事を再開するのだと思います。

この個人事務所設立の裏には、能年玲奈がとても頼りにしている女性が絡んでいるそうです。

 

能年玲奈は彼女のことを女優にならないとあなたは生ゴミと言われたことから「生ゴミ先生」と呼んでいるようです。

すごい名前ですね…。

 

この女性が能年玲奈のためを思って独立を薦めたと言われています。

能年玲奈はかなり生ゴミ先生を信頼しているようで、世間からは洗脳されているという噂もチラホラ。

 

真面目な性格ですし、臆病なところもある能年玲奈ですから、自分を芸能界に導いてくれたこの女性のことを頼りにする気持ちは確固たるもののようです。

自分がやりたい事と、やるべき事、事務所の方針。

さまざまな事情の中で悩んだのでしょう。

 

 

能年玲奈、今は芸能活動を休止しているようですが、ブログなどでアートの才能を開花させている一面も見られます。

 

制約がなくなって自分の好きなものを表現できるって素敵ですよね。

事務所と契約が切れた6月以降は、個人事務所からの再スタートとなります。

大変な道のりかも知れませんが、またテレビで能年玲奈を見られる日を信じて待ちましょう。

 

 

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



sponsored link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る