井川遥の在日韓国人説を名前が証明!子供が通う幼稚園はあの有名幼稚園だった!

井川遥 トップ

 

結婚、出産を経てもなお女に磨きがかかって美しい女優の井川遥。

 

その井川遥に意外な事実が判明したようです。

美しさに秘められた衝撃の事実とは・・

 

2人の子供の情報と合わせてじっくり探ってみたいと思います!

 


sponsored link

 

 

うそっ!井川遥って・・・?

 

まずは井川遥の経歴から見ていきたいと思います!

 

1976年東京都出身の39歳。

 

東横学園女子短期大学を卒業後、一時期OLとして会社に勤めていましたが、半年で退社。

その後モデルの仕事を始めました。

 

1999年『東洋紡水着サマーキャンペーンガール』として抜擢され、芸能界デビュー。

2000年『アサヒビールイメージガール』にも選出され、グラビアアイドルとして雑誌などに登場するなどして井川遥の名前が世に知られるようになりました。

「癒し系アイドル」ブームの火付け役“飯島直子”の後継者として人気を博しました。

 

2001年には映画『tokyo.sora』に出演し、映画デビュー。

その翌年にはドラマ『空から降る一億の星』に出演し、ドラマデビューを果たしました。

 

その後は女優としての活動の幅も広くなり、CMや舞台でも大きく活躍するようになりました。

 

 

井川遥のCMで好きなのは・・「角ハイボールがお好きでしょ?」でおなじみのサントリーのCMですね。

あんな素敵なお姉さんに角ハイ作ってもらえたら一瓶は軽く空けちゃうな~と思いながら見ていました。笑

 

2006年には14歳年上のファッションデザイナーの松本与と結婚をし、2009年に第一子となる長女を出産。

更に2012年には第2子となる長男を出産しました!

 

 

その井川遥には以前からネットで「在日ではないか?」との噂が流れていました。

在日の方の特徴として一般的に言われているのは“日本人にはない顔”だそうですが、井川遥は・・・どう見ても日本人にしか見えないんですが・・・

 

誰もがまさかと思っていたわけですが、その後「井川遥は在日!」であることを決定づける物的証拠が現れれます。

芸能界デビューをする前、雑誌に一般読者として登場していたようで、その時の名前が“趙秀恵(ちょうよしえ)”と表記されていたのです。

 

井川遥 本名

 

井川遥は在日韓国人だという事をまわりに知られたくなかったらしく、芸能界デビューする時に「井川遥」という芸名で活動を開始しました。

実際今でも公式のプロフィールには本名が非公開になっています。

 

しかし結婚後、井川遥は在日という事を認める発表をしました。

お祖父さんが韓国人で、井川遥は在日3世になるとの事。

 

今では国籍も日本に帰化しているようなので、日本人に間違いはなく、本人も在日の事に関して何も気にしていないようです。

 

sponsored link

 

 

井川遥の子どもが通う幼稚園って・・一体どこなの??

 

 2人の子宝に恵まれた井川遥

芸能人の子供が通う幼稚園なんてどこでもいいじゃん!

と思いながらも・・・

 

その幼稚園とは・・入学金100万円!年間保育料60万円!

かなり高額でセレブご用達の“青山学院大学付属幼稚園”だそうです!

この幼稚園は倍率5倍を超え、受験では両親の仕事や学歴や収入を問われたり、子供の知識や社会性、身体の発達を問うテストまであるとの事。

 

すごいですね・・私が住むド田舎では想像できません・・

 

この幼稚園に受験するために子供を塾や幼児教室へ通わせたりと奮闘するようですが、井川遥流子育てはそれとは反対で、子供を塾などに通わせず、親と一緒にいる時間を増やし、親と一緒に色んなことを学んでいくというのが井川流子育てだとか。

 

そんな中、唯一子供に習わせていたのが、運動系の教室だそうで、受験の為にではなく、将来子供が苦労しないようにと、運動神経をよくするためにママ友の宮沢りえの子供と一緒に通わせていたそうです。

 

子供を受験というものに縛り付ける事もなく、のびのびと育てていくのが井川流なんですね!

素敵な子育てですよね。

 

 

・・うちの場合はゆったりのびのびと育て過ぎたのか・・娘は来年高校受験だというのに・・本人は自覚ゼロ。笑

でもあまりにしつこく言うと逆にやる気もなくなってしまうので・・自分がしたいように、自分が行きたい高校に行けるようにそれなりにやっていってくれればいいなと思います!

 

教育熱心なママさんには考えられない教育の仕方だと思いますが・・これが私流の子育てです!

 

 

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



sponsored link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る